新生児聴覚検査

[概要]

赤ちゃんは生まれたときから音を聞いて様々なことを覚えていきます。赤ちゃんに話しかけることでマネをしたり、言葉の意味を理解したりして、やがて言葉を発するようになっていきます。
しかし、生まれつき耳の聞こえに障害があるお子さんは、生まれてくる赤ちゃん1000人のうち1人から2人はいると言われています。聴覚障害を早期に発見し、できるだけ早い時期に適切な支援をすることで発育発達を促すことができるようになります。
富士吉田市では、新生児聴覚検査の費用の一部を助成する事業を行っています。

<県内の医療機関で利用する場合>
出産後の入院中(生後2日から3日頃)に赤ちゃんが検査を受けるので、入院時に「新生児聴覚検査受診票」を病院へご持参ください。

<県外の医療機関で利用する場合>
償還払い(検査費用を自己負担で支払っていただき、後で手続きにより費用を助成する方法)で対応しますので、下記をお持ちになって市役所で手続きをお願いします。
持ち物:母子健康手帳・検査の領収書・振込口座のわかるもの・未使用の受診票・印鑑

[手続きなど詳しくは]

「新生児聴覚検査費用の一部助成を行っています(富士吉田市サイト)」をご覧ください。

新生児聴覚検査費用の一部助成を行っています(富士吉田市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく